滋賀で七田式教育、胎教なら

七田式栗東教室

〒520-3004滋賀県栗東市上砥山821-1
tel 077-535-5294  
受付時間 火~土9:00~17:30
滋賀県の七田式公認教室


ぜひ、わが子にも読み聞かせたい!!

おすすめ絵本のご紹介

教室の図書コーナー

(順不同・作者敬称略)

ご紹介はほんの一部です。まだまだおすすめ絵本はあります。折りを見て追記していきたいと思います。

●「でてこいでてこい」林明子

●「ちいさなねこ」横内襄

●「もこもこもこ」谷川俊太郎作 元永定正絵

●「おおきなかぶ」(ロシア昔話)

●「三びきのやぎのがらがらどん」(北欧民話)

●「だいくとおにろく」(日本昔話)

●「おおかみと七人のこやぎ」(グリム童話)

●「ぐりとぐら」中川李枝子文

●「もりのなか」「わたしとあそんで」マリー・ホール・エッツ文絵

●「しょうぼうじどうしゃじぷた」渡辺茂男文

●「ひとまねこざる」H.Aレイ文絵

●「くまのコールテンくん」ドン・フリーマン文絵

●「おかあさんだいすき」マージョリー・フラック作 光吉夏弥訳

●「どろんこハリー」ジオン文

●「てぶくろ」(ウクライナ民話)

●「かしこいビル」ウィリアム・ニコルソン作

●「ペレのあたらしいふく」エルサ・ベスコフ作 おのでらゆりこ訳

●「ピーターラビットのおはなし」ポター文・絵 石井桃子訳

 

「これはまだ早いかな」と親が勝手に判断しないようにしましょう

「これはうちの子には向いてないかな?」「これはまだ早いかな?」と勝手に親が判断しないで、まずは子どもが「読んで」と持ってきた本を心を込めて読んであげましょう。親が「おもしろいんじゃないか」と思う本と、子どもが「面白い」と思う本は必ずしも一致しないものです。

 

同じ絵本でも、心を込めて何度でも読んであげましょう

子どもは不思議と同じ本を何度でも「読んで」と持ってきます。「またこれなの?」とうんざりしないで「本当にこの絵本がお気に入りなのね」と喜んで心を込めて読んであげましょう。

 

感想を聞かないで

読み終えた後「それでどう思った?」と感想を聞きだしたり、描かれていた内容についての問答を始めると興ざめです。絵本の世界に浸りきりましょう。

 

絵本は感じるもの。「教訓」を教えないで。

「この女の子は、お母さんの言うことを聞かなかったからダメだったのね。お母さんの言うことは聞かないといけないね。」・・・など、ついつい言ってしまっていませんか?絵本は感じるもの。余計な教訓は要りません。